2015年12月14日

「ダンボルギーニを見れた」






今野梱包に納品に行ったのさ。
ここは 古くからの得意先で、自分らも馴染みの納品先なのだが どうも先週あたりからネットで話題になっていたのだ。

石巻の町工場でダンボルギーニがつくられた! と。

すぐにアレだな とピンときた。
小耳に情報もあったし、以前にはガンダムも作ってたのを知ってた。

近ごろ シェアされた画像は目にするものの、もしかしたら実物見れるかも?
などと、ミーハー的に納品に向かった。




あった!ありました!


見える場所に置いてあるぢゃんか!


20151214151750215.jpg



念のため リフトマンの齊藤くんに聞いてみた。

「写真とってもいいのがな?」

うーん、大丈夫じゃないすか。

との事なので、近づいて見たさ。


20151214152045988.jpg


「うーん、ため息でるわ。」


自分らも 段ボールを扱う毎日だけど、
こんな発想はしたこたぁない。
仮に思い付いたとしてもカタチに出来るものではないな。

曲面をカタチにする難しさを知ってるだけに ため息が出るほどの完成度に驚くわ。

この技術と品質は圧巻だ。


20151214152710098.jpg



あの 町工場を舞台にしたドラマを連想させられた。
技術と品質をテーマに物語が進んでいく
「下町ロケット」ね。

来週 最終話だ。


ダンボルギーニ。
身近でリアルな町工場の技術を見た気がしたね。

完成したカタチもスゴいとおもうけど、
機会あったら製作秘話など聞いてみたい。

今日は良いモン見たわ。





posted by warda at 15:40| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

「続けて良かったとおもえる日々を」




考える時間が続き、
考えるほどに口数も減り 気持ちも 心も曇っていくのがわかってくる。

そして どれほど考えたところで
くやしいことも、悲しいことも、
まったくもって人それぞれなのだ。


何処に? 何に? 誇りを持つかは
まったくもって人それぞれ…

なのだね。

そんなふうにおもいます。





20151213202601553.jpg




毎日 かけ上がるステップ、その足取りが軽やかでありますようにと。

すべては 自分の心持ちなのだと行きつきました。

止まらない時間に抗ってみたところで、取り残されてゆくばかり。
ならば、嫌なことも楽しいことも自分に取り込みながら進むしかないのだろう。



続けて良かったとおもえる

いつか、そんな日になるまで。ね。


右足、左足、順番に繰り出すだけだ。
そんなに難しいことじゃないさ。

その足を止められるのは自分であって、誰のせいでもありゃしない。

すごく 簡単なことなんだよ。


まだ立ち止まるわけにはいかんね。




posted by warda at 20:51| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする