2015年12月13日

「続けて良かったとおもえる日々を」




考える時間が続き、
考えるほどに口数も減り 気持ちも 心も曇っていくのがわかってくる。

そして どれほど考えたところで
くやしいことも、悲しいことも、
まったくもって人それぞれなのだ。


何処に? 何に? 誇りを持つかは
まったくもって人それぞれ…

なのだね。

そんなふうにおもいます。





20151213202601553.jpg




毎日 かけ上がるステップ、その足取りが軽やかでありますようにと。

すべては 自分の心持ちなのだと行きつきました。

止まらない時間に抗ってみたところで、取り残されてゆくばかり。
ならば、嫌なことも楽しいことも自分に取り込みながら進むしかないのだろう。



続けて良かったとおもえる

いつか、そんな日になるまで。ね。


右足、左足、順番に繰り出すだけだ。
そんなに難しいことじゃないさ。

その足を止められるのは自分であって、誰のせいでもありゃしない。

すごく 簡単なことなんだよ。


まだ立ち止まるわけにはいかんね。




posted by warda at 20:51| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする