2016年01月25日

「事故報道におもうコト」




バスの事故が続いていますね。


観光事業において生命線と言える「安全」が揺るがされる事態と思われます。

スキーツアーの事故は多くの若者が乗り合わせ、尊い命が失われました。
言い表す言葉などない悲しみに包まれていることを察します。

どうか、未然に事故を防ぐ為の仕組みを考えていかなければならない。
運行管理という観点からすれば、
バス運行とトラック運行はおんなじコトが言えるとおもうのです。


「免許」「資格」はルール化されて管理を受ける全国共通のものでしょう。

自分が所属する企業も全国的にグループ会社が存在する大所帯です。
全社的に統一された安全に対する指標だったり、運行に関するルール等があり、デジタルタコグラフという機器が各車に取り付けられています。

出庫〜入庫までの運行実績がごまかしようのないカタチで記録が残ります。
どんな運転をしているのか解析が可能なワケです。

個人的な意見として、
この解析結果をどう反映させるのか、ソコが企業としてドライバーを管理するキモなんじゃないかとおもうのです。

解析とは、あくまで結果なのです。
運行が終わってからの情報ですから。

事故は一瞬の出来事。

仮に10時間の運行のなかで、一瞬の判断を誤るだけで事故は起こります。
それが事故の恐ろしいところです。


報道で何度も映し出されています。
スキーツアーバス転落直前の情報カメラ映像を見ると、すでに立て直し不可能な姿勢でブレーキランプが点灯してるようです。
何が起きたのか?
原因解明が続いているのでしょうね。



あの事故が避けられたら…
と、考えてしまいますね。
みんなスキーを楽しめたハズなんです。


ドライバーとしておもうコトがあるのです。

「免許」「資格」「ルール」
これは、統一されたものと言えます。

しかしながら、どうでしょう?
実際にハンドルを任せられた人たち?


「技量」「経験」「意識」

けっして同一線上にあるとは言えないと考えてしまいますね。



言いたいことは、
ルールとか、規則とか、管理とか、
それらは自分を含めた全員を守るためにあるのだという意識。
人が運転する以上、安全の要は人なんだと。

自分の勤務先で、グループ全体の事故報告書が回覧されます。
それが、連日のように何かしらの事故が報告されるワケです。

小さな事故でも、事故は事故。
ほんとうにゼロを実現するために、
どんなアプローチをすれば未然に防げるのか、全社的、全国的に考えることが必要です。

すべての職場やドライバーたちに伝わるコトが大事だとおもえるのです。






posted by warda at 07:50| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

「食べ過ぎ注意」




ただいま。

窓のすきまから「ニャ!」とサチがお出迎え。
勝手口を開けると無言のキチがスタンバイ。


たいがい出迎えてくれるにはワケがある。 オヤツのおねだりなのだ。

わかる。けど、嬉しくもありオヤツをフンパツするし。



さてさて、
今夜はカレーだね。
勝手口開けた瞬間にわかってひらめいた。



あれだ!ダムカレー!チャンスだ。
やってみようじゃないか。


20160120205952415.jpg


アーチ式?




危険だ。
カレーは食べ過ぎます。

たいがいムネヤケが待ってます。








posted by warda at 21:06| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

「大雪なんてカンケーないね」




びしょ濡れで帰って、明日の為に長靴を用意した。

今日は靴下が二回アウトだった。
ずいぶん荒れた天気になったもんだ、ちょっと甘くみたわ。

明日の朝が心配だけど、考えてもしょうがない。出たとこ勝負。


君たちみてると… そうおもうな。


20160118214749122.jpg


20160118214821553.jpg


雪なんてどうでもいいわな。


今日も遊びまくったのか、
疲れたような、燃え尽きたような、


20160118215204088.jpg


なんかイイ表情してたな。





posted by warda at 21:53| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする