2016年05月15日

「塗装工見習い」





よく晴れて乾いた週末でした。


仕事の合間を利用した修復作業がはかどってよかった。

今回は塗装工。

20160515205744851.jpg

酷かった長年の汚れを落とし、腐食したパネル部分はコーキング材を充填しつつ下塗りのシルバーを吹き付ける。

ちょっとした延命治療と考えて費用を抑えた手入れを施した。

20160515210821936.jpg

缶スプレーの限られた色づけだから、
多少の色違いはご愛嬌というコトでカンベンしてもらう。
それでも汚れた状態と比べたら段違いでキレイになっていくのがわかる。

ここで気づく!
ビフォーの写真を撮り忘れてる。

まあ、いいか。毎日乗ってる人が一番よくわかるだろ。


マスキングを剥がす瞬間が楽しい。
そんで完成です。



20160515211656257.jpg



自分の担当車輌ではないのだが、
後ろ姿のヤれた状態が特に酷くて気になっていた。
話の流れでこんな展開になったワケだが
頼まれたワケでもなく、押し売りのような塗装工見習いのお節介かもしれん。


いわば、これが器用貧乏ってヤツよ。

良くも悪くも考え方しだい。
おおきな花を咲かせることが出来ぬオトコの生き方と言えるだろう。

でも、それでいいとおもってる。
それが自分らしいというコトなのだと。








posted by warda at 21:30| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする