2016年06月14日

「レシピを見直し」



20160614205811511.jpg


マンネリ化しつつも、いまだに会心の出来というには及ばずにいるナポリタン。

ちょいと作る手順を考えてみようとおもった。


理想は懐かしき香り。
なんて言ったらいいのかムズカシイが、
あの独特の香りを強めに出したいのだ。

昔 懐かしきナポリタンはそんなにややこしい調味料で作られた気がしないから、
要は作り方なんだろうとおもう。

たとえば 茹でおきした麺を使うだとか、
ケチャップをよく炒めるとか…

ひとつヒントだと感じたのは、食べ終えた皿に残るオレンジ色のオイルかとおもったんで早速試してみた。


はじめにバターを使って具材を炒めた。

20160614212015197.jpg

玉ねぎに軽く焦げ目がつくまで炒めたら、
ちょいと端に寄せて、空いたスペースでケチャップを炒めてみた。
天ぷら油少々にケチャップを加えて、様子を見ながら加熱してみた。

20160614212704417.jpg

回りの天ぷら油がオレンジ色に変わり、ケチャップの粘りが増していく。

このオレンジ色のオイルに期待を込め、
野菜ジュースを足し入れてケチャップを緩めてみた。

あとは茹でおきした麺と絡め、焼き付ける気持ちで炒め合わせて。


味見の結果は… ちょいと違うな???
ただ、方向性は合ってる気がする。

とりあえずケチャップが足りないか、野菜ジュースが余計なのか、天ぷら油の量なのか、もうちょい見きわめたい。

出来るだけシンプルに作って、満足度を上げたいとおもってんだけど、なかなかうまくいかないもんだ。

人によっていろんな作り方があるとおもうけど、どれも正解なんだよね。
けれど自分好みに仕上がらないのがムズカシイんだよ。

試行錯誤が続くなあ。


ナポリタンはイマイチだったが、
今日はキチが写真を撮らせてくれた。


20160614215641969.jpg

耳がピンと立って立派でした。




posted by warda at 22:06| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

「ギリちょんぱで」





しっかしまあ、エコノラインてデッカイんだな。

4トン積載車に載っけて前後左右に余裕がないほどジャストフィットでした。
気持ちイイほどにギリちょんぱで笑ってしまいます。


20160611215436267.jpg

20160611215454468.jpg

20160611215511178.jpg


はじめは前向きに積んだけどリアゲートが閉まらないというオチ。

輪止め、オーバーハング、ウインチの巻き取り限界、そんなこんなで逆向きに積み直して一件落着。
ホント笑ってしまいました。

震災の年に1年間だけ走らせた後、ずっと車検切れの状況が続いてました。
あのときは大活躍だった。

もったいないと思いながら、ずっと走らせることも出来ずに今日まできた。
是非とも動かして、走らせてくれそうなオトコの元へ移動するコトにしました。

長期的な計画になるのかもしれんけど、
そこはまあ楽しみにしておこう。

是非ともカッコイイ走り姿を見るコトが出来ますようにと。


posted by warda at 22:17| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

「検診と更新」




年に一度の辛抱とはいえ、あの発泡剤ってのは手強い。
バリウムはスンナリと飲めるけどもなあ。

町の胃ガン検診でした。

朝イチでバリウム飲んで傾いた台の上をグルグル回る、それよか胃カメラを受けたほうがイイのだろうとおもう。

ひとつ完了。
次に免許センターへ。

前回は震災の年だった。五年ぶりの更新手続きです。

引き続きゴールド免許です。
次回更新は平成33年。

なんか、33って数字にハッとした。
平成もそんなになるんだなあとおもった。

出来上がりの免許を見て、前回同様の気持ちになる。
何故に?指名手配の凶悪犯を思わせる仕上がりになっちゃうかね?
また五年間コレか…と残念な感じよ。


無事故無違反の証を残念に感じるのがヒジョーに残念なのはどうでしょう?



運転を生業にする者にとって誇りであります。ホントなら胸を張り、見せびらかしたいぐらい。

でも、ソッとしまってしまう出来上がりの免許証を受け取って更新も完了しました。



道に慣れるな。仕事に慣れるな。

安全を積み重ねていくのに必要なのは技術でもテクニックでもないです。

このごろ特に感じるのは、
無謀な運転のカッコ悪さに気づかぬ人の多いこと。
運転に表れる性格と人格はわかりやすい目印になること。

人の振り見て我が振り直せ
得意気に割り込んだり、追い越したり、
意外とカッコ悪く見られてますってば。

模範的な走りというよりは、憧れの余韻を残せるような走りを心がけたいものです。

余裕が大切になりますね。




posted by warda at 07:48| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする