2016年06月14日

「レシピを見直し」



20160614205811511.jpg


マンネリ化しつつも、いまだに会心の出来というには及ばずにいるナポリタン。

ちょいと作る手順を考えてみようとおもった。


理想は懐かしき香り。
なんて言ったらいいのかムズカシイが、
あの独特の香りを強めに出したいのだ。

昔 懐かしきナポリタンはそんなにややこしい調味料で作られた気がしないから、
要は作り方なんだろうとおもう。

たとえば 茹でおきした麺を使うだとか、
ケチャップをよく炒めるとか…

ひとつヒントだと感じたのは、食べ終えた皿に残るオレンジ色のオイルかとおもったんで早速試してみた。


はじめにバターを使って具材を炒めた。

20160614212015197.jpg

玉ねぎに軽く焦げ目がつくまで炒めたら、
ちょいと端に寄せて、空いたスペースでケチャップを炒めてみた。
天ぷら油少々にケチャップを加えて、様子を見ながら加熱してみた。

20160614212704417.jpg

回りの天ぷら油がオレンジ色に変わり、ケチャップの粘りが増していく。

このオレンジ色のオイルに期待を込め、
野菜ジュースを足し入れてケチャップを緩めてみた。

あとは茹でおきした麺と絡め、焼き付ける気持ちで炒め合わせて。


味見の結果は… ちょいと違うな???
ただ、方向性は合ってる気がする。

とりあえずケチャップが足りないか、野菜ジュースが余計なのか、天ぷら油の量なのか、もうちょい見きわめたい。

出来るだけシンプルに作って、満足度を上げたいとおもってんだけど、なかなかうまくいかないもんだ。

人によっていろんな作り方があるとおもうけど、どれも正解なんだよね。
けれど自分好みに仕上がらないのがムズカシイんだよ。

試行錯誤が続くなあ。


ナポリタンはイマイチだったが、
今日はキチが写真を撮らせてくれた。


20160614215641969.jpg

耳がピンと立って立派でした。




posted by warda at 22:06| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする