2016年11月16日

「イカがなものか?」




鼻がぐずぐずなこの頃、
イカがお過ごしでしょうか…



20161116194208867.jpg

イカです。
「セントウイカ」

戦闘イカ ❌
船凍イカ ⭕

一万ケースのイカの箱
大型1台分の量になるんだね。


20161116200112692.jpg


なにせ仕上がりが遅くて、こんな時間まで積み込み状態になっちまうのはイカがなものかと?

明日は酒田まで一直線で向かいましょう!

posted by warda at 20:05| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

「風邪みたいです」





先週の寒い日に汗をかいて冷えたのが悪かったのだろうか?

珍しく不調です。
くしゃみ、鼻づまり、鼻水、
これは風邪ってヤツでしょうな。


バラ積み、バラおろしの仕事は汗をかいてしまいます。寒くても背中から湯気が立つほどに動くワケで。

段取りと養生が肝心で、技量の7割はそこにあるのだと思っています。
今日のジャンプ台は良いあんばいにセット出来たので写真をパチリ。

20161115210756951.jpg


トラックの床から台車までの流れるアプローチ。
滑らせて行けば台車に移るジャンプシステムが良い感じ。

業界ならではのシーンだね。
ダンボール職人芸だ。



ゆうべのウルトラスーパームーンに劣らず
今宵のお月様も綺麗だった。
今夜はスッキリ見えてたし。

庭から見上げたお月様。

20161115212107789.jpg


今夜も風邪薬のんで早く寝よう。







posted by warda at 21:22| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

「じゃあまたねって」




どっか通ずるところを持つキミは…
いつからか弟みたいな感覚だった。


時間に追われる毎日の中で、
自分たちの歴史も長くなっちまったもんだ。
キミと共有出来た時間はほんの一瞬かもしれないが、似たような価値観を持つ存在を弟みたいに感じてた。

ここを卒業していくキミを、
残念に思っても口に出さず黙って見送るみんなは、キミの意思を尊重してるからなんだろう。
それこそがキミの残した足跡に違いない。

活きのよい若いもんが職場を去るダメージはデカいけど、キミの仕事ぶりを認めるからこそ黙って見送るしかないのだ。

大丈夫、何でも務まるだろうから心配はしないさ。



あの曲のフレーズを思い出す…。

「未来はどれも同じじゃなくて、
選んだ方へ向かうんだから。」



キミの年頃に自分を重ねると恥ずかしいほどにいい加減だった気がする。
キミは大人だと言えるだろう。

スジの通しかたを知ってるんだとおもう。
少し生意気でツッパリ通すぐらいでちょうどイイのかもしれない。

スジを間違っていなければ、そのほうが可愛がられる生き方かもしれない。


キミの残した足跡は
みんなが忘れないとおもう。

じぶんらの歴史にきっちりと刻まれた存在だった。
posted by warda at 23:30| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする