2017年01月09日

「何か美味しいものでも」




きっと欲が邪魔をするんだとおもう。

より良いモノを求めようと…むしろ逆作用して、「美味しいもの」が思い浮かばずじまい。

結果、カップ麺で済ます。
間違いなく美味しいけども。



20170109215139178.jpg


美味しいモノが多過ぎる。
思い浮かばないのでなく、浮かび過ぎるのね…、そして選び切れないの。



20170109215545825.jpg


そういえば、震災の時にハマった塩めしも美味しかった。
白ご飯にアルペンザルツを振り掛けて。

ようは腹が減ってりゃ、なんでも美味しいわけ。
腹一杯の時に美味しいモノって考えつかないもんだね。




posted by warda at 22:13| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

「ハンガリーの諺に習って」




昨年大反響の火曜ドラマに我が家もハマっておりました。

「逃げるは恥じだが役に立つ」

そもそもハンガリーの諺だそうで、
世間的には「逃げ恥じ」ってドラマのタイトルですね。

津崎さんとみくりさん、
火曜日が待ち遠しいドラマでした。
楽しみながら見てました。

20170108174802059.jpg



そもそも諺だから意味を探ると、
諸説あるようですけど…。

不向きなコトから逃げるのを恥じとせず、得意なフィールドで自分を生かすコトで役に立つんだよ。

そんな感じの理解?



我が家には音だけ似た言葉がある。

「生き恥」
ホントに似た音だけど、まるで反対のコトで…苦笑い。

「生きるは恥じだし 役にも立たず」


まったくもってどうしようもない、の意です。





posted by warda at 17:50| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

「イヤな想像なんて、しないで済ませたいでしょ。」





楽しみが広がる想像ならナンボでもしたらイイでしょう。


逆はノーサンキュー。
近寄ろうとしないで通りすぎたい。

不安感とはカタチの無いもの。

何処にもないのに、自分の中から生み出されてくるもの。
自身で生み出した不安に襲われるのは、どうにもやるせないでしょ。

自分に勝ち目がないモン。
自分より強いものを生み出してるからね。

でも、
不安を「打ち消す」のも自分。
必ず自分には味方が居ることを忘れてはならない。

大事なコトですよ。



味方のいない人ってね、
あまりにも自由すぎて自滅するようなコトに導かれてしまうんだよ。
自分が仕掛けた地雷を自分が踏んでしまうという結末だったり。


どっちかといえば、
不安を生み出すコトより、味方の存在に気づくほうが先だとおもうの。



20170106231303648.jpg





posted by warda at 23:17| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする