2017年01月21日

「目的が人を強くするのだとおもう。」





会社のイベントで各支店が一同に集まる日が年始に一度だけある。


常にひとり単位で運行をしてるワケだが、実は大勢のスタッフでひとつの看板を背負っている。
自分もそのうちのひとり。

つよい会社、つよい組織、
いつでも更なる発展を望むのが企業としてあたりまえの姿で、皆で同じ目的意識を共用するために集合がかかる。

今日も大人数の同じ制服姿を見ておもうのは、組織って、つくづく人なんだというコト。
会社は箱であり、大きさも様々あるというコト。

箱のなかで同じ向きに並ぶよう、みんなで色んなことが話し合われている。
健全な姿だとおもう。
多種多様な人たちを同じように導くという大仕事。
一筋縄でいかないからこそ、そこに道しるべを示してゆくのがたいへんなんだろう。


20170121165028075.jpg

グループ会社が21
従業員数で2000人規模って言ってたな。
なかなか大所帯なのがわかった。

まとめあげるのがいかにたいへんか想像するだけで一苦労あるな。


ひとの集まりを組織ということにして、
その「組織」というカタチにあてはまらずも皆が同じ目的意識を保ってた集まりを知ってる。

スコップ団だ。

どこの誰かもわからぬ人たちが同じ目的意識のもとに集まる現実を見てきた。
賛否があったのも知ってる。

現実を最前線で見届けたから言えるコトがある。


20170121172113684.jpg


とことん強くてグレートな奴らは現実に存在してた。


posted by warda at 17:24| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする