2016年05月30日

「黒ひげ危機一髪」





多少 腕を痛めました。

笑い事で済んだのが幸い、現場は修羅場で自力で安全圏に戻ることが出来ませんでした。


20160530200006996.jpg

瓦を撤去してたら足元が崩れて半身落っこちました。
今さらながらヤバい状況だったな。

20160530200449567.jpg

震災で屋根が崩れたまんま、使えない納屋なんだが…、このところ母屋への寄りかかり具合が増してきて、勝手口への動線上にある瓦だけでも撤去したかったんだよ、
なにせ頭上なもんで。

なんとか目的は果たせたものの、
危険予知が甘かったと反省しました。



元をたたせば…この子たちだ。

20160530201423745.jpg

話せば長くなる。

外敵からこの子たちを守るため、侵入路を遮断しようとアレコレやってるうちにヤバい羽目になっちゃって。


危ない目にあったものの、
これで自分らの頭上の安全は確保した。
キチとサチの外敵も遠ざけることになるかもしれない。

腕の痛みだけで済んでよかった。
危うく大怪我になるとこだった。



ご褒美のしんこもち

やたら美味でございました。

20160530211328588.jpg






posted by warda at 21:14| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック