2017年02月01日

「東北の右と左」




この時期にいつもおもうのは登米市の暮らしやすさ。

寒いながらも本当に雪が無い。
交通手段をクルマに頼る地域にとってありがたいことだ。

他所のトコへ行ってみるとわかるけど、登米市は見渡す限り雪が無いのだよ。


20170201190312502.jpg


ほぼ真横に山を越えたあたりに位置する秋田県湯沢市あたりを走り、大仙市まで行ってきた。

やはり違う、違いすぎる。

20170201190705258.jpg


夜明け前の国道はテカテカのアイスバーンなのに、それほど恐怖感がないのは理由がある。
まわりのクルマというか、地元の皆さんの運転が上手なの。
車間距離のあけかた、青信号通過に合わせたペースのとりかた、絶妙に慣れてらっしゃる。
凍った道はハンドル回せば曲がるというものでない、ブレーキ踏めば止まるというものでない。

荷重移動からはじまるコーナリングやら、ブレーキングやら、みなさん、わかってらっしゃるから上手に走れるのね。
へんな渋滞もないし。


そんなコト考えると雪が無いだけでおおいに楽だよ。
今シーズン、まだ一度も雪かきしてないもん。


posted by warda at 19:26| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック