2017年02月12日

「同窓会のモヤモヤあるある」



当時勤めてた会社の先輩方と二十数年ぶりの再会となる同窓会。

コッチからすれば、先輩方は分かる。
当時から完成された大人の皆さんは、歳を重ねた感はあれどスグ分かるのよ。


20170212211336697.jpg


問題なのはコッチね。
まさか、そんなに認識率が低いとは…

考えてみると、
当時の未完成なガキのイメージから想像すれば、完成形のオッサンになった自分がつながらないのだろうけども。

それにしてもアウェイ感バッチリだった。
そもそも輪の中に飛び込むコトが苦手なのだから仕方ないが。

いやぁ、認識されないと身の置き所に困るもんだね。

一方的に懐かしくフラッシュバックを楽しませていただきました。



「健ちゃん」と呼んでくださった一部の先輩方、たいへんありがとうございました。

なんとか迷走をまぬがれて助かったのでした。





posted by warda at 21:36| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック