2017年04月07日

「桜の季節に」



しばらく腰を据えるつもりなら…
キミの望むモノを学びとってほしい。

習う人たちがいるあいだに…さ。


「定年まで勤めたいんです。」という彼。



そうか。
だったらなおさらだな、と笑った。


今年の春は、次世代が芽吹いているようだ。ひと味違う4月のぬくもりを感じた。

季節外れのあたたかさのせいか?
いや、
たぶん違う?

待ちに待った次世代を担う後輩たちの台頭を歓迎してる自分がいるのだとおもう。


20170407213132300.jpg



仕事の進め方を押し付けるのは好まない。
それぞれの進め方でいい。

おんなじ意識でやれれば、と、どっかで望む気持ちがあるが、それもあやふやでいい。

いつまでも未完成な自分らがいい。

新しいコトを見つけた喜びを分かち合うには未完成な仲間が多いほどいい。





posted by warda at 21:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448815240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック