2017年04月17日

「意欲を見た気がする」




「今日の積み込みが納得いかなくて」
と嘆く後輩の声。

なして?と問えば、



「もっと、こうしてああして…云々と」


どうやら自分の積んだカタチに反省と改善策を思いついたようで、いまさら悔しいのだそうだ。



ゴメン、悪いけど面白い。

(つぅか、チョイと嬉しくおもう)



これが正解というカタチのない中で、
より良いカタチを追いかけようとする姿勢がイイとおもうんだよね。

その意欲を支えてあげれたらとおもう。
頑張れと声を出さないが、必要ならば手を貸そう。一緒に知恵も絞りだそう。


いまはチグハグな歯車かもしれない、
そのうちスムーズに回り出すから…。

近いうちに一皮も二皮もむけると言っといた。



教えるということは自分も二度学ぶことになるそうだ。
ホントにそうだとおもった。




posted by warda at 21:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック