2017年05月07日

「一瞬を永遠に」




20170507204624393.jpg


ずっと前のこと、
初めてカメラのファインダー越しに見たのは弟が小学校入学の時だったか…?

おふくろさんが着物姿だった気がする。
今はもう亡くなったおじさんから借りてきた一眼レフカメラにフィルムをセットしてもらってシャッターを押した。

カメラ店で現像してもらった写真は、
ほぼピンボケだったのを思い出した。

あのファインダーをのぞきこむ感覚…。
ファインダー越しの一瞬を永遠に残せるのが写真であって。


スマホの液晶で見ることが今のスタイルとして定着してるのは間違いなくおもうけども、でも、だからこそファインダー越しに見るコトが新鮮に感じたりして。

カメラを構えるコトに新鮮味と懐かしい感じが混在してるんだと思うんだよね。



posted by warda at 21:11| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449675015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック