2017年11月12日

「ひなたぼっこ」



何も足さない
何も引かない
豊かな時間

聞いたコトあるフレーズであるが。


気持ちの何処かにある不憫だという意識が先立ち、求められたらエサを与えている猫たちですが…。

この名もなきネコたちを見続けて、
不憫どころか、逆に羨ましくおもう時間もある。


20171112183802878.jpg


生まれて、死んでゆく限られた時間を生きるコトは人もネコも同じ。
内容こそ違えども本質はおんなじコト。


穏やかな表情でひなたぼっこしてる姿が微笑ましくて、コチラもうっとり眺めてしまいます。

豊かな時間を過ごしてるのはキミたちなのかも。


エサにありつくことが約束された環境でないことも知ってる。
他におおきなネコも見かけるし。
エサを奪われたりしてるのも事実だ。

それでもキミたちは生き延びてたくましく育ってる。
自由に生きるには食いっぱぐれる時もあるだろうに…。

ネコたちが見せる穏やかな表情は、
自分らにとっても豊かな時間になっているのだとおもう。

それこそ、何も足さない何も引かない
本当に瞬間的な時間がある。

posted by warda at 19:05| 宮城 ☁| Comment(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

「大人的 算数事情」




一人前という基準を何処に置くか…であるけれど。

意見も考え方もそれぞれあるだろう。
まあ、それはさておいて…と。


あくまで現場人としてだけど、
仕事を進める時の計算式は「1+1=2」とは限らない。
一人前という基準の考え方に左右されるコトがあるからなのだ。

現実的な感覚として、
「1+1=0.5〜3.0」ぐらいのバラツキを持っているとおもう。

さまざまな要素があってしかり。
それぞれの能力だから仕方ない。

それが現実だから「1+1=2」という計算が通じない現場の進行がある。
机上の空論ってヤツだ。



今日の荷卸し先にアサちゃんが現れた。
自分の現場を終わらせて、コッチまで足を運んでくれたんだよ。

まさに百人力ってヤツだよ。
この場合「1+1=101」となっちゃうか(笑)

いやいや、ホントに助かる。
こんなお互い様な協力体制を実現出来る現場は健全だ。

仕事上手な人は気づかいも一流だよ。

その行動を真似ていこうとおもう気持ちが拡がる現場であってほしい。



そういえば…
アサちゃんは我らを代表するセールスドライバーだったなあ。

おなじく仕事を進める現場人同志として、
価値観的な話しとかする時間を持つのもアリかな。
馬鹿馬鹿しくも大真面目な時間をね。

なんかこう総合的な能力を高め合って、
現場力の強い集団になれんかな。
老いも若きも皆が助け合う強さが拡がればいいなあ。



20171111141223771.jpg


posted by warda at 14:18| 宮城 ☔| Comment(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

「ディーゼル機関車」




荷卸し先の構内に踏み切りがあって、長い貨物列車の通過待ちにはウンザリしてたんだ。
と、いうのは…ついこの前までのはなし。


見方が変わったのは「きかんしゃデーデ」のお話しに出会ったから。

20171110205151601.jpg

先日、たまたまテレビの企画で鉄道好きの話題のひとつに取り上げられてたのを見た。

実話だ。

20171110205843301.jpg

そのお話しを絵本にしてくれた人もいたんだね。
それが「きかんしゃデーデ」

20171110210009676.jpg


退役を間近にした機関車が最期の仕事で東北への燃料輸送に就き、役目を終えて解体されたという。
鳥肌がたつ感動だった。


そんな話しに出会い、知らずにいた自分を恥じた。
それからというものコイツが好きに変わったんだ。

ずっと邪魔くさいとおもっててゴメン。




いまでは、荷卸し先で見かけるコイツが輝くような存在に見えちゃってる。
実際はかなり煤けちゃって艶も失ってるけども…ね。


20171110211441561.jpg


勝手に「デーデ」って呼ばせてもらってます。

posted by warda at 21:16| 宮城 ☁| Comment(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする