2012年12月15日

シンクにティンクル



感心するやら、呆れるやら、

ツボるCMってこういうのだろね。


「シンクにティンクル」
「シンクにティンクル」
「シンクにティンクル」

…。

刷り込みだゎー、ホームセンターで見かけたら言っちゃうべゃ。






初めて見たときキョーレツな印象があったなー!


集めるのに苦労が見え隠れするゎ。
どんだけ撮影現場面白かったろうなー?






posted by warda at 12:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おもいつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

今年もそんな時期デスカ


今朝、クルマのフロントガラスがガチガチに凍ってました。

冷たい北風が身にしみる夜明け前、
何事にも険しくなってしまいます。

日中は陽射しに暖められると、ジャンパーも不用で表情も自然に穏やかになりますがね。

毎年のコトながら、
この時期に思い出します。



"北風と太陽"




今年も相変わらずな自分で、
進歩の無さが浮き彫りになります。


お日様みたいな"温もり"を放つ人を尊敬し、憧れ、そんな人になりたいと思いつつ…
実際は"北風"を身にまとってるように思います。

そもそも、人は攻撃的な面を持っています。
自分を守ろうとする盾は、どこかで誰かを傷つけたりする可能性が高い。

良かれと思ったコトが裏目だったりするね。
まさに一長一短である。


人が持つ"温もり"ってなんだろうか…?

体温?言葉?態度?
いや、
そんな誤魔化しが出来るモノじゃあるまいね。



やはり答えはお日様にある。
分け隔てなく人びとを照らし続ける、
その存在こそが全てなんだろう。

こちらから何かを得るでなく、
まんべんなく、人びとを温めてくれる。



世界の北野が書いていた。

「友情」というものは、こっちから向こうへ一方的に与えるもので、向こうから得られる何かではない。
「友情」とは自分の相手に対する気持ちだ。 (北野武)



ここらへんにもヒントを感じる。

"北風"
"太陽"

自分の心持ちでどちらにもなり得るのでは!?






posted by warda at 11:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おもいつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする