2012年11月06日

自己流デスけど


あったかい珈琲があんばいイイ時期になりました。


先日久しぶりに珈琲豆を買いました。
ささやかながら、応援の想いを込めて
気仙沼発の珈琲豆を。

登米市のイオンロックタウンに
フルセイル珈琲佐沼店があって買い求めやすいのデス。
店に行く度に驚かされるけど、
とびきりの笑顔と張った声で挨拶が飛んでくる。
元気山盛りで接客してくれる。

ダラダラしてんのが申し訳なくおもう程に爽やかな珈琲屋さんデス。



さて、
自己流でドリップして珈琲タイムをするのですが、
あくまで自己流ですから細かい突っ込みはナシで。






ハリオのハンドミルで豆を挽きます。
計量も目分量ですから (笑)

ガリガリやってるあいだにヤカンのお湯が沸騰します。
先細のヤカン(なんて呼ぶの?)
アレに沸騰したお湯を移しますね。
これで約90℃ぐらいすか。

挽き終わった豆をV60ドリッパーを使ってドリップします。




この円錐形が好きなんです。
ハリオのホームページをのぞいてもらえば細かく説明があるとおもうので省略します(不親切)
リンクの仕方がわからない(笑)


さて、お湯を注ぎます!

15秒ぐらい蒸らすという表記を目にするコトが多い気がするのですが、
自分は全体を軽く湿らせてから約1分ほどかけて中央にチョボチョボと継ぎ足していきます。
下に滴り落ちる様子と豆の膨らみを確かめながら1分間ほど真剣になるのデス。

根拠はありません。
儀式みたいなモンですかね?

あくまで自己流ですから。



膨らんだ豆から香り立つ珈琲がなんとも言えない至福の1分間なのデス。

あとは中央を狙ってお湯を注ぎます
軽く揺さぶりをかけたりして。


で、出来上がり。







きのうは、
日曜日にホリくんとケンちゃんが
買ってきてくれたお菓子があったので豪華な珈琲タイムでした。

ハイカラなお菓子は珈琲を引き立てる。
まさにこのために珈琲があるぐらいのいぎおいだょね。



至福とは、
うちの台所にもあったワケだ(笑)
posted by warda at 21:45| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする