2013年02月05日

「1048さん」




お昼に電話もらったので、
近況報告しながら仕事場にお邪魔した。

文字通り、"邪魔っぱり"
それでもトシヤさんは嫌な顔せずに相手してくれるのだょ (笑)








トシヤさ〜〜ん どご?


きたよ〜〜 どごにいるの〜〜?




いた!いた!
下に潜ってだ

オイル交換すか!






手伝うすか?


「大丈夫、寒いがら運転席に乗ってて」


そぅすか、んじゃ遠慮なく。



ひさしぶりにラフターの運転席に座って、
トシヤさん目線で周りを眺める。



なんか新鮮。
視界が広くて高いからね、気分的にアガる運転席なんだょなぁ〜
計器類とレバー類の多さはオトコの子にとって、運転席というより"コックピット"
だモンね。

まさに働くクルマ、
超リアルな産業機械でしょ、そして、ラフターって道路を走ってるカタチと、現場で仕事をするカタチが違う、
ある意味、トランスフォームするからね。

トランスフォーム(笑)





こんな感じのトシヤさん目線





正面は、







身近でクレーン作業を見る機会って少ないとおもうけど、注意してみると街中でもクレーンのブームが立ってるの気づくとおもう。
時間に余裕がある時に見てみるとイイんじゃないかな。
重量物を吊り上げたり、高い場所に荷揚げをしたり、3次元に物体を移動させるのはクレーン作業ならでわの仕事だ。

冷静にスゴい事をやってるから。

地球上に引力がある限り、欠かせないのがクレーン作業でしょ。

日常的に道路で見かけるラフテレーンクレーン、
"ラフター"はいろんな場所で欠かせない機械なんだょね、間接的には様々なカタチで生活に密着してるようにおもうなぁ。


お友達のトシヤさん、
20年以上のベテランオペレーターです。
危険を伴う仕事は、慎重な操作を求められマス。
静かで丁寧な性格のトシヤさんだからイイのだとおもう。

上手だとか、下手だとか、
それだけで済まされないのがクレーンの操作にはあるんだょね。
想像力のなかにある、危険予測みたいな感覚が重要だったりする。


安全第一だからね!





なにかと、
いっつも頼りにしてマス、トシヤさん。
助けてもらうコト多数デス。








posted by warda at 22:34| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

ひとつの終わり




今日という日が区切りというコトになったね。

15年間のチャーター便を勤めた現場を去り、ラストランは福島を無事にまわり…、

「お世話になりました」と挨拶してきました。

挨拶してる途中で切なさが湧いたね。
イヤな感じが湧いた。

なんかね…、
自分的には不完全燃焼な気持ちが残るんだょね、
自分の意思で終わるのならば、
それは違う感じ方になるのかな?


ともかく、終わり!
ひとつの区切りをつけねば。

無事故で走り回った15年間を誇りに、
胸を張って挨拶をするコトにした。



全部が初めての経験だった頃を思い出してしまうね。
職業としてクルマを走らせる生活の始まりがここからだったし、
ちょうど今の時期だったんだよなぁ…

お正月の新聞広告に求人が出てて、
会社に面接受けに行ったら、
その場で社服に着替えさせられ、そのままチャーター先へ連れて行かれた!

先方の発送担当者が、
「明日から、ウチの専属にしたらイイべ。大型免許もあるんだべ?」

その一言で採用決定したのだ。(笑)


なんて大雑把な面接で、この業界ってこんな感じなの?っておもったなー、



「1週間は助手をやりながら、仕事の流れをおぼえてさ。頼むね。」って。

明日は青森へ行くクルマの助手してもらうから、12時に会社に来るように言われたのをおぼえてる。


(いきなり夜中ですかい?
そんな業界なんだ!
うゎゎゎ!!ってなったモン。)

えらいトコに来ちゃった感タップリだったしね…
青森から戻ってみれば、
「明日はクルマ足りないから、わるいけどひとりで配達に出てもらうね」ってさ、

助手生活は一日で終わり!?
マジっすか!?
イイんすか!?

自分の担当車を与えられるのは嬉しいとして…、

「いいかげんだなー。」とおもったょ。


あれから、15年だょ…
大型トラックのデカイハンドルに興奮して、ドキドキ、ワクワクしたあの頃が懐かしい…





「なんて日だ!!」

言われてみれば、今日は11日!!
印象に残る日は何故に11という数字が並ぶんだ!?


「なんて日だ!!」


近頃、バイきんぐがお気に入りなんだ(笑)


いやいやいや、
そうじゃない!!

終わりとは、終わりにあらず!
始まりなのですな。

意識を置き換えていく必要がある。
奮い起つんだ! 自分!


…と、いうことで、

今日は「ありがとう」という日にする。
無事故で過ごしてこれたコトに感謝をする。

そうなんだょ、
日々を無事故で過ごしてこれたからこそ、
今日がある。
あたりまえの日常を迎える為の努力を、
あたりまえのように積み重ねた結果だとおもう。

胸を張ろう。
まだなにも終わっちゃいない。


でも、
「ありがとう」と言いたい。

そして、
もっともっと努力せねばならない。
















posted by warda at 22:57| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

アフロアフロ






















アフロ!




あーぁ、腹いてー 
ゲラゲラ…ゲラゲラ(笑)




posted by warda at 12:20| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする