2017年05月07日

「女川丼とランボルギーニ」



連休最終日、きのうは仕事したけんどね。

遠くからのお客さんはUターンラッシュだろうから…今日あたりは多分混みあってないだろうと女川丼を求めに出かけた。

久しぶりの女川なんだけど、だいぶ様変わりしてて驚き。駅前周辺はハイカラな様子だっちゃ。

20170507183944765.jpg


着いてすぐに…
かん高い雄叫びが聞こえた。

20170507185425736.jpg

「FuvAn!!」「FuVAO!!」「Vo!!」

だとおもった。
すぐにわかってしまった。
ゲリラ出現の3号機(実車)に出くわした。

やっぱテンションあがるっしょ。
黒山の人だかりだっちゃ。

20170507191856704.jpg

20170507191914947.jpg


さすがスーパーカー。
問答無用の助だなコリャ。

V12気筒にドデカいブレーキシステム

20170507192213860.jpg

20170507192226586.jpg


「ナンボすんのコレ?」

「4700万だってよ!」

そんなやりとりが聞こえた。


「…4700万って言ったか?」

「…言ったね。」

いやいやいや、マイッタねドーモ。


特選女川丼はひとつ2600円也
女川丼ならばひとつ1300円だからふたつで2600円也…。

そんな計算をしてるんだけど。

20170507193132662.jpg


1300円也で大満足でございました。
コレですら贅沢三昧ですから。

実際テンションあがるっしょ。






posted by warda at 19:37| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

「めんこいフクロウ」




ぐるり、ぶらりとドライブした。
薬来山、尾花沢、鳴子を巡るコース。

やくらいガーデンに立ち寄ったら
思いがけずフクロウのふれあい体験に出くわした。
うすうす思ってたつもりだけんど、めんこくて。

毎日みてるキチとかぶる表情に癒されまくり。

20170505071031025.jpg

フクロウカフェという存在に納得。


アルパカと亀も人気だよね。

20170505071529831.jpg

20170505071554055.jpg

デカいな!!

この場所は癒されゾーンだな。
コレだけでも満足。


丁寧に手入れされたガーデンは非日常感たっぷりで良かった。カメラを携えた中高年もたっぷり。
やっぱりそうなるよね。

20170505072854047.jpg


また来てみたくなる場所。

季節で表情が違うだろうな。







posted by warda at 23:35| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

「クロマニョン人」




初めて東北歴史博物館に行ってきた。

20170503211746581.jpg

20170503211815615.jpg

立派な施設だし、水辺なんかもあったりして気持ち良い場所なんだね。

なんて文化的な休日。

なんで?ここ?

それは「ラスコー展」なるものを見たいというリクエストに応えて特別展を体験してきたのです。

2万年の時を越え、クロマニョン人が残した洞窟壁画を再現展示したもの。
このラスコー洞窟は世界遺産でもあり、実際には立ち入ることが出来ないんだって。

なんかスゴいね。
そして、マニアックだよね。

ますます なんで?ラスコー展?

(あの逃げ恥のドラマ劇中でデートシーンに登場したんだって )

そういう理由も含め、見てみたいというリクエストでした。

20170503214016458.jpg


展示の内容も濃いもので、たっぷり二時間ぐらい見てきた。
常設展示の歴史博物館も見ごたえ十分だったよ。

昭和四十年代の商店を再現したのもあって、ついつい懐かしむ中高年の姿。

20170503215009192.jpg


20170503215028082.jpg


20170503215051177.jpg


濃い1日だったよ。
歩きっぱなしで背中の筋がヘンです。


明日はどこ行く?




posted by warda at 21:55| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

「おそらく修行中」




大型連休の道々、
つくづく思うコトがある。
クルマが危ういのではなく、操作をする人が危ういという答え。

ハードじゃなくソフトに問題アリだというコト。

事故を誘発しようとしてんの?ぐらいのレジャーカーが高速道路を接近戦のように走ってた。
運動性能が高いってのは…
操作する人の人間性まで反映するようにおもってしまい怖くなる。

シンプルで響きのよい
「ご安全に」という言葉。

その意味と理解を考え始めると無限ループになる。
さまざまで複雑な要素と因果を含み、すべての事柄に人が介在する。
安全は人が作り出すものなのだと…。


20170502065929204.jpg

仕事としてトラックを扱うには、前提に安全があり、そこからすべての輸送業務が組み立てられていくわけで。

沢山の人たちが物流という流れを作る為に働いています。
自分はトラックを操作する役目を担ってるワケなんだよね。
だとすれば、「ご安全」に沿うようにトラックを操作するのが与えられた任務というコトになる。

話はシンプルだ。
任務もシンプル。
安全規定に沿った操作をするのが仕事。

やれんのか?やれないのか?
それだけなんだよ。

それは膨大な時間、トラックを自身のコントロールで走らせるというコト。


実にシンプルなことなんだけど、
精神修行に準ずるコトに感じるよ。




posted by warda at 07:19| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

「ひとりごと」




「グッドモーニング もがみ」

20170427222019565.jpg

雨上がりのせいなのか?やたら山並みが綺麗な気がしてた。

そして、あまり自覚することないが…
どうやら "ひとりごと" を連発してることに気づく。
トラック内に限ったコトだとおもうんだけど。

ほとんど悪態だろうけども。


「うぁ!? なんだっコノ!」
「おぃおぃ!! おだづなよっ!!」
「あぶね!っつぅぅの!!」 とかね。


やれやれだ。
全部おひとりさまの "ひとりごと"


それでもさ、

「やま、綺麗だっちゃな 」

とか、たまにつぶやいてる時もあったりするんだよ。
共感が得られないからカメラに残そうとするんだけど…

「やっぱ目ん玉はスゴいな」

肉眼なら空と山並みの境目が見えるんだけどカメラだと分かんねえ。
スマホもスグレモノとおもってるけど、撮りかたが悪いの?

「ダメだな、こりゃ」

ほら言ってるな…
立派にひとりごとだわ。




20170427224457479.jpg

酒田からの鳥海山


「ドライブ向きの季節がきたな」


20170427224653221.jpg

「月山も見える」

「役得ってヤツだな」
「わざわざ来るハズないし」



しかし、まあ、アレだ。
ドラレコの車内映像はウケるだろうな…

熱唱もあるもん。


そういう面からすれば、
毎日がお気楽なお一人様だろう。






posted by warda at 23:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

「桜並木」



20170423204055544.jpg

登米市にも千本桜と呼ぶ場所がある。

季節を知らせる桜前線は足早に北上して満開の見頃を逃してしまった。


選挙の投票所近くで鯉のぼり。
もうすぐゴールデンウィークだっちゃな…と。

一週間の早いことよ。
まあ…
早く感じるぐらいなら、それなりに充実出来てるのかもしれないか。

20170423205750449.jpg


20170423205944561.jpg

桜のトンネル


見頃に通り抜けてみたいものだ。
また来年リベンジだっちゃな。





posted by warda at 21:09| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

「アイコスの新フレーバー」




20170418204817388.jpg


新しいメンソールが出てきたので試しにひとつ買ってみた。
そこそこ強目に香るフレーバーが印象的で、好みでいえばアリなのかも?
従来のメンソールと比較対照するものではないんだろうな。

きっと、また手に取るような気がする。

新しいのに懐かしい感じがビミョーなアイテムだ。
どっかで記憶してるフレーバーだけど思い出せず…

直感的にガムを連想させるから、最初に思いついたのはコレ。


20170418210827673.jpg

でも、違うんだな。


たどりついたのがコッチ。

20170418211008427.jpg


自分の記憶のなかでイチバン近いとおもう。


新しいのに懐かしい感じが…
ここに納得の理由があった。

小さかったあの頃、大人たちが持ってたガムの香りを思い出したのだった。

posted by warda at 21:18| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする