2017年01月11日

「サチと孫の手」



20170111232909050.jpg


寝るまえのルーティンが孫の手遊び、
どこが気に入ったのか?
枕の下からもぐら叩きのようにピョコピョコしてほしいのだ。

一番人気のアトラクションで、数ヶ月は続いてる。
よく飽きないものだとおもう。


今夜はじめて先っぽを踏んづけた。
無防備に体重をのせた孫の手に悶絶した。

枕元に置くのが間違いだ。
自分が仕掛けた罠にハマるという、
しょっぱい終わりかた。

孫の手の頑丈さに完敗…。


posted by warda at 23:51| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

「何か美味しいものでも」




きっと欲が邪魔をするんだとおもう。

より良いモノを求めようと…むしろ逆作用して、「美味しいもの」が思い浮かばずじまい。

結果、カップ麺で済ます。
間違いなく美味しいけども。



20170109215139178.jpg


美味しいモノが多過ぎる。
思い浮かばないのでなく、浮かび過ぎるのね…、そして選び切れないの。



20170109215545825.jpg


そういえば、震災の時にハマった塩めしも美味しかった。
白ご飯にアルペンザルツを振り掛けて。

ようは腹が減ってりゃ、なんでも美味しいわけ。
腹一杯の時に美味しいモノって考えつかないもんだね。




posted by warda at 22:13| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

「ハンガリーの諺に習って」




昨年大反響の火曜ドラマに我が家もハマっておりました。

「逃げるは恥じだが役に立つ」

そもそもハンガリーの諺だそうで、
世間的には「逃げ恥じ」ってドラマのタイトルですね。

津崎さんとみくりさん、
火曜日が待ち遠しいドラマでした。
楽しみながら見てました。

20170108174802059.jpg



そもそも諺だから意味を探ると、
諸説あるようですけど…。

不向きなコトから逃げるのを恥じとせず、得意なフィールドで自分を生かすコトで役に立つんだよ。

そんな感じの理解?



我が家には音だけ似た言葉がある。

「生き恥」
ホントに似た音だけど、まるで反対のコトで…苦笑い。

「生きるは恥じだし 役にも立たず」


まったくもってどうしようもない、の意です。





posted by warda at 17:50| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

「イヤな想像なんて、しないで済ませたいでしょ。」





楽しみが広がる想像ならナンボでもしたらイイでしょう。


逆はノーサンキュー。
近寄ろうとしないで通りすぎたい。

不安感とはカタチの無いもの。

何処にもないのに、自分の中から生み出されてくるもの。
自身で生み出した不安に襲われるのは、どうにもやるせないでしょ。

自分に勝ち目がないモン。
自分より強いものを生み出してるからね。

でも、
不安を「打ち消す」のも自分。
必ず自分には味方が居ることを忘れてはならない。

大事なコトですよ。



味方のいない人ってね、
あまりにも自由すぎて自滅するようなコトに導かれてしまうんだよ。
自分が仕掛けた地雷を自分が踏んでしまうという結末だったり。


どっちかといえば、
不安を生み出すコトより、味方の存在に気づくほうが先だとおもうの。



20170106231303648.jpg





posted by warda at 23:17| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

「楽しそう」のカギ




新しいコト始めようとした時に、
楽しみながら進めたほうがヤル気出るとおもうんだけどな。

アタマでっかちで知ったかぶりなどトンデモない。楽しみ半減です。

「掛け値無し」で 「損得抜き」で
何も知らぬ赤子のようにゼロから学びとって進めたら楽しめそうじゃね?

だって、見るコト聞くコト初めてのコトばかりなら後悔の念なんて無いもの。
ぜんぶ楽しんでしまえばイイじゃないの。


始める前から「出来るか?」とか考えてるのは得策じゃないとおもう。
初めてのコトが上手く出来なくても失敗とは言わないモンだし。
出来てあたりまえのひとがヘマしたら失敗ですけど。


「損得抜き」ってのは
ひとつのカギだとおもうんだけどな。



20170105215803183.jpg











posted by warda at 21:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

「いつでも自然体を心がけて」




安全祈願のお参りでした。

20170104215138974.jpg


ぞろぞろと柳津虚空蔵尊へ初詣、今年も交通安全を祈りました。

明日からは通常営業となります。
新しい年の始まりに、あらためて抱負を抱くかといえば…
特にそんなコトありません。

「何が出来るか?」
と、最高を目指して力むよりも、
その時、「何をすれば?」を考えながら最良を導き出すように心がけていこうとおもいます。

性に合ってるやり方かとおもってます。

前に出るのは苦手な感じで、
後ろを固めるほうが向いてるようです。

posted by warda at 22:13| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

「ようやくお正月気分」




大晦日も元旦もあったものじゃなく、
親父の入院とその後の対応に追われドタバタ劇でしたな…。

きのうの初荷納品を済ませ、急遽駆けつけてくれた新潟チームも帰途につき、どうやら親父の高熱も下がったようで一段落したのだとおもいます。

ようやく、ゆく年くる年的気分でした。

ゆうべは佐藤家の新年会にお呼ばれいただき、ひさびさの落ち着いた食事にありつきました。

甥っ子、姪っ子、それぞれみんなにお土産をいただくありさまで恐縮です。

20170103135327660.jpg


20170103135450524.jpg


お茶っこしながらバウムクーヘンを食べたけど、コレは別品さんだね。
まさに飲み物要らずのしっとりさ。
治一郎という名前のシブさが際立つ、こりゃ、スゴいべっぴんさんだ。


箱根駅伝を見ながらボーッとしたけど、
ボチボチ日赤病院まで肌着を届けに行くようです。

明日は安全祈願際に出社だから実質的なお休みが終わります。

あわただしく駆けつけてくれたみんなにも忙しい思いをさせて申し訳なくおもいます。
ならば別の機会にゆっくりおもてなしさせていただきます。





posted by warda at 14:12| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする