2017年01月18日

「本能的なコトであるかとおもう。」




牙をむく瞬間があるのよ。

仕事に対して、役割に対して、
プライドを持つ相手には従順になれるけどね。
筋の違う判断がまかり通る組織図などクソ喰らえだ。
上役だろうと噛みつくよ。


そこがバカだよワタナベさんは…。


20170118212125560.jpg



そもそも群れのリーダーは、弱き者たちを守るのが本質だろうとおもうんだけどな。

チカラによる統率なんてものは嘘っぱちの薄っぺらい関係性しかない。
瞬間的な判断を見謝った時点で見限られたも同じだ。

真のリーダーたるもの、
皆の信頼に応えるべく、常に闘う気概を持ち合わせていなければ誰も守れやしない。

究極ソコなんだとおもう。



シャチョーさんが言ってた。

「この人をリーダーとして…云々」
頑張っていただきたい。と。

要するにあてがってくれたリーダーなワケ。

そりゃいいさ、
けどもよ、

いざって時に仲間を守ろうとする気概が見えなんだら、居なくてもかまわんね。
どうせ仕事はまわるんだから、不要なギアなのさ。

保身の為にいいなりなのか?
それとも我々を仲間ともおもってないのか?
はっきりと失望したよ。
まわりが認めても自分は許せん。


どんな立場であろうとも、
皆を統率する役割を担うならば汚れ役を引き受ける覚悟も必要だろうよ。
それが群れのリーダーじゃないのか?

おもうんだ、
そもそも上役からあてがってもらうものじゃない。
尊敬に値する行動を伴わない者には務まらんね。

今日はガッカリしたよ。
皆のために、自ら吠えてほしかったんだよ。





オレが牙をむいてもダメなんだよ。
上に届かないんだ。
いくら吠えても
ただ、ただ、クヤシイ思いが残る。



posted by warda at 22:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

「優しい?という解釈の難儀なコトよ」




もし、不満を持つ相手にズバリのクレームを伝えられるかと問われれば…、
自分はノーです。

限界まで我慢するというか、
しだいに言葉を失いつつ、相手が気づいた頃には修復不可能な関係性になっちゃってる。

コッチが我慢の範囲を越えてるコトを相手が知る日が来るのか?
それはいささか疑問であるし、そもそも何も伝えられずに関係性は崩壊していくわけだから。

我慢するのが優しいのか?

たぶん、違うとおもう。
むしろ残酷なんだろう。

壊したくない関係性であれば、
意見をぶつけ合うべきなんだろう。
「喧嘩するほど仲が良い」とはよく言ったもんだ。



20170116212417363.jpg


20170116212435078.jpg



キチとサチの存在に助けられてる。

本来なら殺伐とした瞬間だとしても、
君たちが和らげてくれてるのだとおもうよ。

自分はいつのまにか我慢を重ねるようになってしまった。けど、それは…。

本来なら短気で攻撃性を持つ自分を抑え込んでいるだけなのかもしれない。
なにも伝えず、うわべの平静を装った鬼が自分の中に居るようにおもって。


自分は、ちっとも優しくなんかないとおもう。
posted by warda at 21:39| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

「サチの魂は…ヒトだった?」




布団に川の字で、仰向けに顔だけ出して寝てる時があるのがサチ。

そういえば、よくよく仰向けに寝てるけど?


20170114224058612.jpg


20170114224215594.jpg


20170114224322932.jpg




やたらヒトくさい仕草が多い気がするよ。

20170114224508637.jpg



輪廻転生、サチの魂は何度かヒトを経験してんじゃないの?

いまは猫やってますみたいな。

なあ?サチくんよ。


20170114225211254.jpg







posted by warda at 22:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

「身近で便利なモノだけど」



親父はガードレールに。

20170113214040604.jpg


妹はクルマ対クルマ。


20170113214210881.jpg


立て続けに事故の知らせに直面するとは思わなんだ。
しょっぱい年末年始になりましてございます。

何を分析しても後の祭り、
事故につながる要因があったという事実なんだよ。


ある自動車学校の教官が言ったそうだ。

「クルマはオスプレイなんかよりずっと危険な乗り物だ」と。

「トラックはテロにも使われる無差別殺戮の道具だ」と。


大げさに聞こえたとしても、ホントのコトだから笑えないよ。
使い方しだいで、いちばん身近で危険な乗り物になり得るから。

今回の事故にしても怪我人無くて済んだけれど、もし…? って想像したらゾッとするからね。

自分は大丈夫、
そんなのはゼッタイにあり得ないからこそ、事故を想定した運転を考えて危険を回避してほしい。

事故はつくづくイヤなコトだから。



posted by warda at 22:29| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

「サチと孫の手」



20170111232909050.jpg


寝るまえのルーティンが孫の手遊び、
どこが気に入ったのか?
枕の下からもぐら叩きのようにピョコピョコしてほしいのだ。

一番人気のアトラクションで、数ヶ月は続いてる。
よく飽きないものだとおもう。


今夜はじめて先っぽを踏んづけた。
無防備に体重をのせた孫の手に悶絶した。

枕元に置くのが間違いだ。
自分が仕掛けた罠にハマるという、
しょっぱい終わりかた。

孫の手の頑丈さに完敗…。


posted by warda at 23:51| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

「何か美味しいものでも」




きっと欲が邪魔をするんだとおもう。

より良いモノを求めようと…むしろ逆作用して、「美味しいもの」が思い浮かばずじまい。

結果、カップ麺で済ます。
間違いなく美味しいけども。



20170109215139178.jpg


美味しいモノが多過ぎる。
思い浮かばないのでなく、浮かび過ぎるのね…、そして選び切れないの。



20170109215545825.jpg


そういえば、震災の時にハマった塩めしも美味しかった。
白ご飯にアルペンザルツを振り掛けて。

ようは腹が減ってりゃ、なんでも美味しいわけ。
腹一杯の時に美味しいモノって考えつかないもんだね。




posted by warda at 22:13| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

「ハンガリーの諺に習って」




昨年大反響の火曜ドラマに我が家もハマっておりました。

「逃げるは恥じだが役に立つ」

そもそもハンガリーの諺だそうで、
世間的には「逃げ恥じ」ってドラマのタイトルですね。

津崎さんとみくりさん、
火曜日が待ち遠しいドラマでした。
楽しみながら見てました。

20170108174802059.jpg



そもそも諺だから意味を探ると、
諸説あるようですけど…。

不向きなコトから逃げるのを恥じとせず、得意なフィールドで自分を生かすコトで役に立つんだよ。

そんな感じの理解?



我が家には音だけ似た言葉がある。

「生き恥」
ホントに似た音だけど、まるで反対のコトで…苦笑い。

「生きるは恥じだし 役にも立たず」


まったくもってどうしようもない、の意です。





posted by warda at 17:50| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の歩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする